資産運用まとめ!賢く株・FX・投資するなら?【初心者必見】

資産運用まとめ!やり方・方法は?【増やすという選択】

top002
top0003
gf1940385016

お金を増やしたいけど運用のやり方がわからない方、損するかもしれないとしり込みされている方、実はとても多いです。節約するだけでは出て行くものを押さえる事はできても「お金が増える」ということは残念ながらありません。

お金を増やしたいなら資産運用や投資を賢く使って暮らしに取り入れてみることをおすすめします。

初めての方には、「まず何から始めたらいいのか?」ということさえわからない方もいることでしょう。また、株価が値下がりしてせっかく貯めたお金をなくしてしまったりするのでは・・と不安になっておられる方もいるかもしれませんね。

このサイトでは資産運用の基礎からFXや株式、ネット証券や最新のスマホで行うトレード情報など、幅広くご紹介してまいります。

「これで儲かるらしい」「今はコレが主流だ」「あの人はこれを買っているらしい」・・・運用をやっているとやはり色々な情報が耳に入ってきて心を乱される事も多いかと思います。

他人を参考にするのもアリですが、必ずしも人と同じことをして成功するとは限りませんし、自分のペースで行うのが基本です。自分に合ったやり方を当サイトで見つけていただけたら幸いです。

おすすめはコレ!【資産運用まずは口座開設から】

cam1
shisanrank1
24
buttonyjfx※キャンペーン内容は変更することがありますので詳しくは公式HPでご確認するようお願い致します。

FXや投資はギャンブルなのか?【保守と恐怖心】

2e8c53fd538043284e6b92e4f1c800ff_s

株式投資やFXというと

「ヘタに手を出さないのが賢明」
「大きく損をしがち・・・」
「ギャンブル性が強く危険」

というイメージを持っておられる方も多いのではないでしょうか?

株や投資は高リスクなので手を出さないという人がその一方で「パチンコ」「競馬」「競輪」といったギャンブルで大きく負けても「これはこういうものだ」と割り切って遊んでいるという場合も多いようですね。

パチンコや競輪というものはその結果をコントロールする術がほぼないのに対して、株や投資などは自分の勉強や情報収集次第で成果が変わってくるもの。あらかじめ銘柄や企業について下調べをしたりして購入するものを選べますし、市場の値動きをみて買い足したりすばやく損きりしたりもできます。

今は判断を助ける自動ツールが充実していますし、銘柄を分散させたり投資の種類を分けたりすることでリスクを減らす事も可能となります。

ただ、もちろんトラブルやリスクが皆無ではありません。

一般的には大きなリターンがあるものはそれに伴いリスクも大きくなりがちですし、反対にローリスクローリターンのものも。

それらを上手く組み合わせたりするスキルも養いたいものです。またもちろんですが、気をつけるべき注意点やココだけは押さえておかなければならない基本的な知識や成功するポイントなどもあるのは事実。

このサイトでは、積極的に運用したい方、初心者の方、スマホでの取引を重点的にやりたい方やFXに挑戦したい方など、様々な方に向けて資産運用のアドバイスをしていきます。

最初の第一歩を踏み出すのに戸惑っておられる方にもぜひ、参考にしていただけたらと思います。

FXや投資で利益がでたら【税金についての知識】

323bfbd848a94b50452563404b36d429_s

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、FXで一定以上の利益をあげた場合、税金がかかってきます。

税金を支払うためには、確定申告をしなくてはいけませんよね。ただし、確定申告をするボーダーラインは、あなたの職業によっても異なっているのです。

これは、[職業によって所得が○○円以上になると確定申告をしなくてはいけない]、というルールがあるからです。ここでしっかり確認しておきましょう。

たとえば、サラリーマンやOLの方であれば、FXの所得が20万円を超えたら確定申告をしなくてはいけません。しかし、専業主婦の方であれば、38万円を超えるFXの所得があるまで確定申告をする必要はないのです。

自営業の方であれば、1円でもFXの所得があれば必ず確定申告をしなくてはいけません。ただし、FX以外の雑所得がある場合には、合算して考える必要があります。

所得と考える時には、収入から必要経費を差し引くことが可能なことも覚えておきましょう。

FXの税金対策として、必要経費をどこまで計上できるかは大きなポイントになります。必要経費として計上やすいものとしては、まずFXに関する専門書籍購入費やFXセミナー参加費などがあげられます。

また、FXを行うためにはパソコンが欠かせませんので、パソコン本体の費用はもちろんのこと、プリンター購入費やプロバイダ使用料、プリンタ用紙費、インク費なども計上することが可能です。あなたが個人事業主として届け出ていれば、家賃や光熱費も必要経費になりますよ。

cam1
shisanrank1
24
buttonyjfx※キャンペーン内容は変更することがありますので詳しくは公式HPでご確認するようお願い致します。