資産運用まとめ!賢く株・FX・投資するなら?【初心者必見】

FX自動売買システムランキング!【シストレおすすめ業者比較なら】

rankshisutore1
24
button24


rankshisutore2
24
buttonhimawari


rankshisutor3e3
24
buttoncent

FX自動売買システムランキングを参考に!勝率UP【そもそもシストレとは?】

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s

シストレとは、取引を自動売買ルールに則して行うトレードです。

FX自動売買システムトレード(シストレ)は、株式取引やFX、先物商品などに参入する多くのプロトレーダー達も取り入れている手法で、業者のシストレツールも進化しており個人投資家にとっても大変便利なツールなので、ぜひシストレFX自動売買システムの使い方を覚えて活用してほしいと思います!

また、FX自動売買システム業者のランキングなどもヒマを見つけて書き加えることが出来たらと思っていますので、ぜひお楽しみに!自分でもやってみたいけどどこのFX業者が良いのかわからないとか、やはりFX自動売買システムランキングや口コミ等評判の良いところを選びたいと言う気持ちは誰もがもっていますよね?当サイトのFX自動売買システムランキングではそのメリットや特徴も分かりやすく紹介してみます。

なんといってもシストレは、初心者でも簡単にできるポートフォリオ管理機能がついていたりしますし、パソコンの電源を落としてもストラテジーによる自動売買で、利益をあげることができます。

感情的なトレードにありがちな弱点で負けている人は必見です!

FXシストレをきわめて勝ちたい人に!【FX自動売買システムランやり方】

gaika3

FXの裁量トレードとシステムトレードはどう違う?

システムトレードとは、一定の売買ルール(ストラテジー)に基づいて、機械的に売買を繰り返すこと。

一般的にシストレは、FX自動売買システムを使って売り買いを、コンピューターに任せるトレードのことをいいます。それと比較して裁量トレードは、現在の相場の値動きに対して、自分の感覚や判断に基づいて、購入・決済を行うもの。両者の決定的な違いは、取引に感情や判断が入るかどうかです。また、手数料やシステムトレードツールの内容も双方共に違います。

手数料の違いについて【シストレ基礎知識】

FXでは、裁量トレードで使う口座よりも、システムトレード口座のほうがスプレッドが広く設定されています。広くなったスプレッド分が、システムトレードツール及びストラテジーシステムの利用料です。

システムトレードの基本【FX自動売買システム】

システムトレードでは、用意されたストラテジーや自分で構築したものを、ツールにセットして走らせます。手動でストップすることはできますが、基本的には一定期間常にシステムを動かし、トータルで利益を上げるのが基本的なやり方。 シストレのツールには、色々な種類のストラテジーとそれらの成績が公開されていて、トレーダーは相場の状況に合わせてストラテジーを選択して起動させます。

FX自動売買システムは業者側のサーバーを使いますので、パソコンを切っていてもタイミングが来れば売買が自動で行われ続けます。

FXシステムトレードは利益を伸ばしやすい?

シストレは、ストラテジーをセットしておくと、売買が自動で行われます。自身の感情が入らず、機械的なトレードを行うことができるのが最大のメリット。

FX自動売買システムにより、早すぎる利食いを防ぐことで利益を最大限までのばすことができ、ロスカットが自動で行われるため、損失の拡大につながりません。
トレードで、感情的な売買を行いやすい人は、シストレを行えば成績が改善されるかもしれません。

FXシストレのメリットは?

ga2

FX自動売買システムトレードを行うメリットは、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

・シストレで複数売買を可能にする
・機械的でルールどおりの一貫した自動売買トレードが可能
・パソコンの前に張り付かなくても売買ができる

以下では、シストレに関するメリットのその具体的な内容について解説しています。

一度に複数の売買が可能【FX自動売買システム】

FXのシステムトレードでは、ストラテジーと呼ばれる売買ルールを設定したプログラムを起動させ、取引を自動で行うことが可能です。このストラテジーには、同時に複数セットして作動させることができるというメリットがあります。

例えば、相場の反転シグナルをキャッチしてエントリーを行う逆張り系システムと、値幅の拡大を狙い、追いかけてエントリーを行う順張り系のシステムなど。この2つのシステムを同時に作動して、取引することができるのです。

売買ルール通りの機械的なトレードができる【FX自動売買システム】

システムトレードでは、感情的な売買を排除して、機械的なトレードを行うことができます。
それにより、ロスカットの遅れや利益を取り逃がすといった事態を避けることができ、トレード成績を安定させることが可能です。

また、FX自動売買システム(シストレ)で機械的な売買を行うことで、取引の統計を取りやすくなり自身の売買を客観的に分析することができます。

シストレならパソコンの電源を切ってもトレードが可能【FX自動売買システム】

ストラテジーは、一旦起動しておけば、パソコンの電源を落としても作動しつづけます。そのため、パソコンの前で常時監視する必要がなく、効率の良い取引をすることができます。

特に取引時間が長いFXの場合などで活用すると、タイミングを逃がさないトレードが可能です。

FXシストレ、有料と無料の違いは?【FX自動売買システムランキング上位は無料多し!】

vaei

有料版ストラテジーは、主にMT4(メタトレーダー4)のような取引ツールを使うトレーダーが、購入して使っています。MT4のようなカスタマイズ性の高い取引ツールでは、有料で購入したストラテジーをインポートしてきて、トレードに活用することができるのです。

それと比べて、ミラートレーダーやエコトレFXのシステムは、登録されているストラテジーを無料で使えますが、自身でプログラムをカスタマイズすることができません。また、登録されていない他所のストラテジーのダウンロードは、できないシステムになっています。

ネット上で売られているストラテジー

シストレMT4は、自作プログラムタイプのストラテジーを使うことが多く、自分で作れない場合は、ネットで購入したり、無料で配布されているものをインストールして使います。その場合、購入先の実績が信頼できるかどうか調べるのが難しく、入念なエラーチェックやバックテストを行ったうえで使用しなければなりません。

もしも、取引中に動作が停止し、決済が行われない事態が発生すると、大きな損失を招くケースもあるでしょう。ダウンロードする際には、配信先の情報を詳しく調べて信用できるか確かめる必要があります。

【シストレFX自動売買システム】ストラテジーの審査

このサイトで紹介したシストレ業者は、開発者が作成したストラテジーに対して審査を行っています。一定期間のバックテストを実施し、成績優秀なものだけを採用し、定期的にストラテジーの更新を行っているのです。ネット上で売られているストラテジーよりも、その点では安心して利用することができるといえます。

FXシステムトレードのデメリットは?【FX自動売買システム勝率検証】

501

シストレFXには、次のようなデメリットがあります。

・スプレッドが広い
・ストラテジーの使い方が難しい
・損失が連続して発生する場合がある

以下では、このシストレの3つのデメリットについて詳しく解説しています。

通常のFX取引よりもスプレッドが広め

FXシステムトレードの通貨スプレッドは、一般の取引口座のスプレッドよりも広めに設定されています。スプレッドとは、通貨レートで表示されている買値と売値の差額のこと。スプレッドが広いと一回辺りの取引コストの負担が大きくなります。

システムトレードを提供するFX業者は、取引ツールを無料でユーザーに提供していますが、スプレッドで利益を確保しているのです。

シストレはスキャルピングには不向き

シストレはスプレッドが広い為、数分程度で取引を完結するスキャルピングには不向きです。スイングトレードなど、大き目の値幅を狙う取引に適していると考えられます。

ストラテジーの組み合わせが複雑

FXシシストレのストラテジーは、通常複数組み合わせて売買を行います。そのため、どのタイプのストラテジー同士が相性がいいのかを、綿密に検証する必要があるでしょう。

シストレでもドローダウン(損失)が連続する場合がある

相場の値動きとストラテジーの相性が合わなければ、連続して損失を出してしまう場合があります。そのような事態を避けるために、性質の違ったストラテジーを組み合わせてリスクヘッジを行います。

この「ストラテジーの組み合わせ」こそが、システムトレードで利益を出すための鍵になるといっても、過言ではありません。

rankshisutore1
24
button24

シストレ通貨選びもキモ?【FX自動売買システムランキング勝つ為の知識と実績】

gaika2

FXシステムトレード(シストレ)向けの通貨選び

FXシストレに適している通貨ペアは、「ボラティリティ」「流動性」「値動きのパターン」を判断して選ぶといいでしょう。

通常この3つを満たしている通貨は、基軸通貨のアメリカドルです。アメリカドルは、通貨市場の中でもっとも取引量が多く、ボラティリティと流動性が確保されています。

特に日本円とのペアであるドル/円の取引は、情報のスピードと量が充実しており、取引しやすい通貨ペアだといえるでしょう。

シストレに向いている通貨のボラティリティは?

ボラティリティの読みは、FXで勝つためには、トレンドの判定よりも必要不可欠です。通貨のボラティリティは、相場の状況によって刻一刻と変化をしていきます。

ドル/円の通貨ペアは、ドル/ユーロについで大きな取引量をほこります。そのため、アジア、欧州、ニューヨークの市場が重なる夜間の取引では、大きなボラティリティを伴って変動することが多いです。

値動きが大きい通貨は、取引コストをカバーして利益をあげやすいため、コストの高いシストレでも利益が出やすいといえます。

通貨の流動性について【シストレで勝つために】

流動性とは、通貨の需要と供給のことをいいます。為替市場には、通貨の売り手と買い手が存在し、価格はこの双方のバランスによって決まるのです。

もし取引通貨の流動性が少ない状態になると、買いたい時に買えない、売りたい時に売れないといった事態を招いてしまいます。

ドル/円は基軸通貨ゆえの豊富な需要と供給を確保しているので、現在のところ取引が成立しやすく安全な通貨だといえるのです。特に目を離して取引が行われるシステムトレードでは、安全な通貨を選んで取引することが大事だといえます。

システムトレードに向かない通貨は?【FX自動売買シストレやり方】

gaika

シストレに向かない通貨は、「流動性が低い通貨」と、「地政学的リスクのある通貨」だと考えられます。

この2つの通貨は、システムトレード(シストレ)には向かない性質を持っています。なぜならば、FX自動売買システムと相性が悪い、不規則な値動きをしやすい通貨だからです。以下では、その理由について具体的に説明しています。

流動性が低いマイナー通貨

FX自動売買システムは、マイナー通貨の取引にはあまり向いていません。マイナー通貨とは、南アフリカランドのような新興国通貨のことで、流動性と情報量が少なく、安全性がメジャー通貨と比べて低いと考えられます。

マイナー通貨の流動性は低いですから、レートが予想外に飛んだり、スプレッドも広いため約定しにくいというリスクがあるのです。また、値動きが閑散とした通貨では、規則性を超えた動きをするので、シストレでは、利益が出にくい傾向にあります。

地政学的リスクのある通貨【FX自動売買シストレ危険回避】

地政学的リスクとは、国が抱える政治的・軍事的な問題が緊迫した局面を迎えることをいいます。

例えば、過去に起こったアメリカの「サブプライムローン」が、代表的な出来事です。サブプライムローンが表面化した時には、急激な値動きを伴い、レートが変動しました。
そういった場面では、通貨の値動きを予想し難く、突発的な値動きで大きな損失をこうむる恐れがあります。

リスクが高すぎる場面では、通貨レートがテクニカルを無視して乱高下しやすくなるのです。そのため、値動きの規則性が高いほど適用しやすい「テクニカル指標」を用いるシステムトレードのストラテジーには、不向きだといえるでしょう。

シストレ業者選びと情報・勉強・セミナーのお話【FX自動売買システムトレードランキング】

2-4

FXシストレ用のストラテジー情報提供元業者について

FX業者のシストレは、ストラテジーを開発する業者と契約をし、口座開設ユーザーに情報を提供しています。例えば、インヴァスト証券のシストレ24では、世界からストラテジー開発者を集め、プログラムを提供するイスラエルのトレーデンシー社と契約しています!

一般ユーザーは、プロが作ったストラテジーを使用することが可能です。

公開されるストラテジーは、一ヶ月間の運用成績を元に優秀なものが選別されたものです。ユーザーはそれらのストラテジーを組み合わせて資産運用を行います。

シストレのストラテジーは定期的に更新される

FX業者が提供するストラテジーは、成績が悪く人気の無いものは消えていき、優秀なものが残されていきます。

その代わりに、新しいストラテジーが開発されると、定期的に更新されるようなしくみになっています。人気の高いものは、ツールを提供しているFX業者のランキングに上位表示されるので、すぐに見つけることが可能です。

優秀なストラテジーは必ず勝てる?【FX自動売買シストレで勝つ】

シストレは、どれだけ優秀なストラテジーを使っても、延々と利益を出し続けられるわけではありません。相場の状況に合わせて、成績が振るわないストラテジーをポートフォリオから外し、より適応できるものに入れ替える必要があります。

その見極めのテクニックと経験が、トレーダーに求められます。システムトレードでも裁量トレードと同じく相場感を養うトレーニングが必要不可欠だといえるでしょう。

FX自動売買システムトレードランキングおすすめ本・書籍の選び方【FX自動売買シストレ勝率を更に極める】

books

システムトレードに関する応用本は、売買ロジックや資金管理に言及した内容の本を選ぶといいでしょう。海外書籍のように難解に書かれたものは理解が難しいので避けて、ざっと見て、読みやすいものを選ぶのがコツです。シストレ業者のランキングも多くネットででていますが、これらの書籍を活用することで、ステマランキングにだまされることなく、真に良い自分に合ったシストレ業者やストラテジーなどを見極めることができるようになるでしょう。

ランキングでも人気のFX自動売買システムを更に極めたい人はぜひ参考にして下さい。

★ ストラテジー開発

上級者には、売買アイデアを、どうストラテジーに反映するかが書かれた応用本がお勧めです。また、検証データの作成方法、ストラテジーの組み合わせ方など、詳しく解説している本を購入するといいでしょう。

★ 資金管理

資金管理で重要なことは、損失の許容範囲を厳格に守ることと、得られる利食いを確実に確保して機会損失を防ぐことです。損きりと利食いのコツなどが書かれた書籍を読むと大変勉強になります。

★ 勝率と損益比率

システムトレードでは、「勝率」と「損益比率」が収益に大きく影響します。書籍を選ぶ際、この2つの関係性について言及しているものを選ぶといいでしょう。

絶対に勝てるシステムは無い!?シストレFXは他者との勝負!

FXには、100%勝てる手法というものは存在しない、といっても過言では有りません。なぜならば、自分以外のトレーダーも勝つために研究を行い、対策を練ってくるからです。

そのため、書籍に書いてあるとおりの内容を実践したからといって、FX自動売買システムで勝てる保障はありません。書籍の内容は、全貌を理解し、自分なりのアレンジを加えるための参考にするものです。利益を上げるには、検証を繰り返してデータを収集することが大事でしょう。

時間指定取引でFXシステムトレード

FX取引業者が最近サービスを始めた「時間指定取引」。この取引方法は、通常の指値や逆指値などのレートを基準にした発注方法ではなく、設定時間で取引を行います。FX自動売買ランキングでもこの点はとても人気。

パソコンに張り付かなくてもOK!

時間指定注文とは、指定した日時になると、予め予約しておいた注文が執行されるシステム。株式やFXなど、金融商品の取引で利用される発注方法です。

この時間指定注文は、指値注文や逆指値だけではなく、OCOやIFD注文など、様々な注文方法に対応しています。

シストレで時間指定注文を出す理由

時間指定注文は、パソコンに一日中張り付いておくことが出来ない人にとって便利な方法です。

FXの場合、最も値動きが活発になりやすいアメリカ市場がオープンする時間帯は、23時から深夜です。(サマータイム適用時は22時から)朝から仕事の人は、そろそろ就寝しなくてはいけません。そういった環境の人でも、FX自動売買システムを予め時間指定注文をしておけば、取引が自動で行われるというわけです。

時間指定注文のリスク軽減メリット【FX自動売買システム】

時間指定注文は、エントリーだけではなく決済時にも使うことができます。そのため、金曜日の深夜にポジションを保有している時など、市場が閉まる前に時間指定注文でポジションをクローズすることが可能です。

シストレFXは、週明けに通貨のレートにギャップが生じることがあり、予想とは逆の方向にレートが進むと大きな損失を被る恐れがあります。そういったリスクを軽減するのに、この時間指定注文はとても役に立つのです。
rankshisutore1
24
button24

FXシステムトレ-ド体験者の口コミ【FX自動売買システムランキング上位業者体験者より】

自動売買システム選びが大事ですね。

ok_m13
1回システムを選んでセットしたら自動で売買してくれるのでとても楽ですし、順調に利益を積めていますが、チェックを怠るとだめでした。あまりポジションを多くしたら含み損が増えてしまっていることもあります。インヴァスト証券のFX自動売買システム【シストレ24】は設定しておけば損切りをしてくれるのでそれで切り抜けられた部分もありましたが、含み損が多くなるとどうしてもストレスが大きくなってしまいます。システム選びって大事だと思います。

(男性 40代)

ほったらかしはよくない

ok_port11_K3
いくら自動だからといってあまりに見ないでおくと、本当にヤバいです。
セントラル短資FXを使っている人のブログをみて始めてみたけど、ちょっと忙しくて忘れていたんですが、切り替えのタイミングをするべきときに間に合わなくて損失を出してしまいました。でもその後は徐々に持ち直しているので、もしかしたら大丈夫になってくれるのかもしれませんが・・。念のため最大損失許容額だけはチェックしておく事を忘れないようにしてください!

(女性 30代)

FX自動売買システムランキングを比較して選んだ結果

ok_port11_K3
FX体験ブログで勝率が良いものやFX自動売買システムランキングサイトを見て比較して結果、インヴァスト証券シストレ24 かひまわり証券FX自動売買システムのエコトレかで悩んだけど、まあランキング1位のほうがいいかと思ってシストレ24 にしてみた。プログラムを自動で入れ替えるフルオート機能がついて、とても良くなったという評判だったので。お金のことなので本当に毎日FX自動売買システムランキングをいろいろ見比べて決めた。

これまでは裁量トレードばかりで自動売買というのは本当の初心者だったのだが、一番良かったのは為替に張り付いていなくて良いということだった。システムトレードは自分でルールを設定しておけば機械的に取引をしてくれるものだというのは知っていたけど、ここまで細やかにできるとは思っていなかった。

朝起きてメールをチェックしサインが出ていたらログインしてチェックして必要に応じてサインを出したり静観したりしています。自分の予想以上に相場が変動してしまっていたときも何度かショートの設定で助けられました。一度FX自動売買システムサインを出して終わりではなくそれを元に知識を増やすという考えが正解なのかなと思う。

(男性 30代)

FX自動売買システムランキング調査まとめ【シストレを始めよう!】

invast

いかがでしたか?
FX自動売買システムランキングやそのやり方について詳しくみてまいりました。

シストレ業者ですが、文中にもでてきましたが、総合的に見てインヴァスト証券シストレ24 はかなりおすすめできますね。ミラートレーダー提供のほか、独自のストラテジーが豊富に選べたり独自コンテンツも直感的にわかりやすく優れているので操作が簡単なのもいい!とにかくシストレするにあたっての運用サポート体制も安心できる点が多く一番おすすめできるのではないでしょうか?

当サイトのシストレランキングでもインヴァスト証券シストレ24 は堂々1位と、かなりおすすめできる位置にありますし、実際にたくさんのヘビーユーザーがいる人気業者でもあります。

また、FX自動売買システムランキング3位となりましたセントラル短資FXセントラルミラートレーダーも独自のサービスやポートフォリオ機能が使いやすくヘッジファンドストラテジーも導入されているので、かなり優良だと思いますよ!

まずはFX自動売買システムトレードランキング上位の業者の情報収集が第一。さらに使い勝手の良さ、シストレをやってみた人の口コミ評判をチェックしてみてくださいね!
rankshisutore1
24
button24


rankshisutore2
24
buttonhimawari


rankshisutor3e3
24
buttoncent

cam1 shisanrank1 24 buttonyjfx ※キャンペーン内容は変更することがありますので詳しくは公式HPでご確認するようお願い致します。
資産運用まとめ!賢く株・FX・投資するなら?【初心者必見】 > FX > FXシストレ > FX自動売買システムランキング!【シストレおすすめ業者比較なら】

関連記事

  1. ひまわり証券エコトレFX評判!デモで検証【2ch口コミ本当?】
  2. FXシストレ儲からない?失敗回避!【向いてる人向いてない人】
  3. FXシストレとは?無料ツールで勝率UP【こんな人におすすめ】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)