資産運用おすすめ比較!初心者が賢く投資するなら?【株・FX】

ローソク足とは?FXチャート解読【相場の流れ読み方】

ローソク足とは、相場の値動きを、「ローソクのような形」で表したチャートで、
日本で研究、開発されたものです。以前から、株取引の投資家の間では、重要なチャートとして活用されています。

FXの取引でも、このローソク足を参考にして、相場の売買の参考にしている人は多く、とても人気の高いチャートです。

PAK57_ichigonocakeomedetou500-thumb-1000xauto-3114

「ローソク足」チャートは、始値、終値、安値、高値の4つの要素を表しており、
日足、週足、月足があり、過去の値動きから、現在の相場の値動きを、ひとめで見てとれ、
また、含まれている情報も多く、かなり奥深いチャートです。

ローソク足は、始値より終値が高い場合は、「陽線」と呼ばれ、通常は白や赤の色で表示されます。

終値より始値が高い場合は、「陰線」と呼ばれ、通常は黒や青の線で表示されることが多いです。

細長いローソクのような形で表される「陽線」と「陰線」に、
「ひげ」と呼ばれる上下から出た細い線があります。

これは、その本体からの高値(または安値)との落差を表しています。

ローソク足を理解してくると、

—-

「陽線」のローソク足が続いてる時は、相場が上昇している。

「陰線」のローソク足が続いてる時は、相場が下落している

—-

という相場の流れが見れるようになります。

株取引の世界では、相場のパターン、投資家の心理などを見てとるために、とても重要視されているものですが、
FXの世界でも、今ではグローバルなチャートとして、世界中の投資家に活用されいます。

少しずつ勉強していって、取引の判断材料に活用できるようにしていきましょう。

  • 当サイトは情報の提供を目的としており、投資に関する判断を促すものではありません。投資方針やその内容についてはご自身の判断でお願いします。
  • 情報の正確性について注意していますが、その内容について責任を負うことはできませんのでご了承ください。
  • 当サイト運営会社は、金融商品の販売を一切行っておりません。各サービスに関するお問い合わせは該当のサービス提供者様へお願いします。
資産運用おすすめ比較!初心者が賢く投資するなら?【株・FX】 > FX > FX用語解説 > ローソク足とは?FXチャート解読【相場の流れ読み方】

関連記事

  1. リフティングチャージとは?意味を解説【無料にできる?】
  2. ドル両替手数料お得な方法は?空港で受け取り可【銀行よりお得】
  3. 外貨両替・送金をお得に!ドルユーロなら【おすすめは?】
  4. FX投資塩漬けのデメリットとは?【打開策はコレ!】
  5. FX業者に支払うスプレッドとは?
  6. レジスタンスラインとは?【FXチャート分析】
  7. テクニカル分析とは?
  8. FXチャートとは?
  9. FXレバレッジとは?意味と使い方

トラックバックURL

http://www.shisanunyou-matome.com/%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)