資産運用おすすめ比較!初心者が賢く投資するなら?【株・FX】

FXスプレッドとは何?意味と計算の仕方を解読!【初心者必見】

shisanrank1
top22top3333
osusumeyjfx
arrow
buttonyjfx※キャンペーン内容は変更することがありますので詳しくは公式HPでご確認するようお願い致します。

FXスプレッドとは【意味と計算の仕方】

photo003
FXという言葉は、外国為替という意味のForeign eXchangeの略です。FXとは、外国為替証拠金取引という意味で、外貨を売買する取引を指します。

例えば、米ドルを買う場合には、円を売って米ドルを買うあるいは、ユーロを売って米ドルを買うなど、何か別の通貨を使って買う必要があります。FXの場合には証拠金取引なので、実際にユーロを持っておらず、日本円しかもっていなかったとしても、ユーロを売って(売ったことにして)米ドルを買う(買ったことにする)という取引ができます。

例えば、米ドルを1万ドル分、日本円で購入したとします。その時の為替レートが1ドル90円だったとすると、1万(米ドル)×90(米ドル/円)=90万円支払います。その後円安になり1ドル100円で決済すると、1万(米ドル)×100(米ドル/円)=100万円受け取ります。差額の10万円が儲けになります。

FXのスプレッドとは、売値と買値の価格差のことです。

株式などは、売値と買値が同じにならないと、売買が成立しませんが、FXでは売値と買値が異なります。

ニュース番組などで、主な市場指標が出るときに、株式取引に関する指標は、「日経平均は9417円41銭、NYダウは12151ドル26セントでした」などと一つの価格になっていますが、通貨レートの場合には、「1ドルは80円24銭から26銭、1ユーロは117円50銭から55銭で取引されています」というふうに、価格に幅を持って説明されます。

これは、「現在取引中で、80円24銭だったり80円26銭だったり、その間の80円25銭で取引されています」という意味ではありません。

ニュースで言われている通貨レートの価格の幅が、スプレッドを表しています。

先ほどの例でいうと、「米ドルを買いたいと思っている人は、1ドルあたり80円26銭で買うことができ、米ドルを売りたいと思っている人は、1ドルあたり80円24銭で飼うことができます」ということを表しています。

顧客の買値(Askとも言います)である80円26銭と、顧客の売値(Bidともいいます)である80円24銭の差は2銭です。この時、「米ドル/円のスプレッドは2銭」という具合に言います。

では、このスプレッドとは何を意味するのでしょうか?

例えば、米ドルを1万ドル分、日本円で購入したとします。

すると、80.26(円/米ドル)×1万(米ドル)=80万2600円を支払うことになります。この取引が約定した後、直ちに米ドルを売却したとします。レートが変わってなかったとすると、受け取る日本円は、80.24(円/米ドル)×1万(米ドル)=80万2400円となります。

80万2600円支払って、80万2400円受け取ったわけですから、200円分損をしています。この損失は、スプレッドである2銭と1万通貨単位をかけたもの、0.02円×1万=200円となり、スプレッドと通貨単位をかけたものに相当します。

このスプレッド分の差額は顧客が損をする代わりに、FX業者側の儲けとなりますのでFX取引のコストの一種とみなすことができます。

FXスプレッド比較!各業者の違いが起こる仕組みとは

5561

先ほどはスプレッドの意味とはなにかについてご説明しましたが、今回は、FXスプレッドについて、各業者で違いが起こる仕組みについてお話したいと思います。

まず、FXのスプレッドとは、どのように決まるのでしょうか? それを理解するためには、まずFXの仕組みを知る必要があります。

FXにはいくつか種類がありますが、多くのFX取り扱い業者で行っているのは、店頭FXと呼ばれる取引方法です。店頭FXでは、顧客とFX業者が直接取引を行います。

これを相対取引と呼びます。相対取引では、基本的には業者が提示している価格(AskとBid)で取引をすることになります。では、そのAskとBidはどのように決まっているのでしょうか?

実は、店頭FXの価格は、FX取り扱い業者自身が自由に決定します。従って、業者によって値段は様々になります。業者が儲けようとすると、業者自身が有利になるようにスプレッドを広げて提供することになります。

しかし、スプレッドが広すぎれば、その不利な値で取引を行おうとする顧客が減りますので、逆にスプレッドによる収入が減ることになります。FX業者はその状況を見ながら、提示する価格を按配することになります。

FX業者が自由に決定するといっても、何の根拠も無く決めているわけではありません。また、FX業者は価格を提示する際、インターバンク市場での為替レートを参考にしています。インターバンク市場は、銀行などが為替取引を行うところで、いわばプロ同士の取引市場です。このインターバンク市場にもAskとBidの価格差が存在します。為替の需要、人気度などの流動性の状況をみて、プロ同士がリスクをヘッジするために、AskとBidの価格差をつけて提供しています。

FX業者は、このインターバンク市場で取引をしている銀行からレートの提供を受けて、顧客の注文を仲介していますので、為替を買ったり売ったりするときに、そのスプレッド分を損していることになります。

FX業者はこのような背景を基に、店頭FXで一般顧客へ為替取引を提供することになります。その際、インターバンク市場での価格やスプレッドを参考に、顧客へ売値や買値を提示します。FX業者は自分自身が利益を上げないといけないので、インターバンク市場でのスプレッドをやや広げて価格提示を行うことになります。

但し、FX業者間の競争が激しくなっているので、闇雲にスプレッドを広げてしまうと、顧客が逃げてしまいます。そこで、なるべくインターバンク市場でのスプレッドに近づけて、顧客に優位性をアピールしようとするFX業者と、スプレッドはそこそこ広くしても、他のサービスなどで魅力をアピールしようとするFX業者など、いろいろなFX業者がでてきます。このようにして、FX業者によって、様々なスプレッドが提供されるようになっています。

FXスプレッド意味とは?【広がったり狭まったりする理由】

leonid-dubinsky
by:leonid-dubinsky

「スプレッド拡大」とか、よく耳にしますよね?こちらではFXスプレッドについて、広がったり狭まったりする理由についてお話したいと思います。

まず、為替価格はどのように決まるのでしょうか?

基本的には、株式価格と同様に、需要と供給の関係によります。日本円を買いたいと思う人が多ければ、日本円の価値が上がり、いわゆる円高になります。逆に、日本円を売りたいと思う人が多ければ、日本円の価値は下がり、円安という状態になります。

例えば、日本からの輸出が日本への輸入を上回っている状況ではどうでしょか? 輸入するということは、外国の商品を買うことになるので、商品を買うために外貨(例えば米ドル)で支払うために、円を売って米ドルを買わなければなりません。

逆に日本からの輸出の場合には、相手が外貨を売って円を買うことになります。輸出のほうが多いということは、相対的には円の価値が高く、円高の状況になりやすいといえます。また、日本の経済活動が順調で、いわゆる「景気がよい」という状況だったとします。

その場合には、海外から流入してくる資金が多くなり、結果的に円の価値が上がり、円高になりやすくなります。

一般に、これらの経済活動は緩やかに変化しますので、よほど予想に反した経済指標などが発表されない限り、価格が急激に上げ下げするという状況にはなりません。為替レートも緩やかに変化して安定した状況になります。

これとは逆に、為替レートが急激に動くときもあります。わかりやすい例で言えば、2001年9月11日にアメリカで同時多発テロが起こりました。「アメリカは危険だ」と思う人が多く、多くの人がドルを売りました。その結果、急激なドル安が起こりました。

このような為替レートが乱高下する状況では、インターバンク市場で「多少安くても売りたい」あるいは、「多少高くても買いたい」と思う人がでてきます。

そこで、スプレッドの幅が広がっても売買が成立することが多くなります。インターバンク市場のスプレッドが広がると、それに伴ってFX業者が顧客に提示するスプレッドも広くならざるを得ません。

同じような状況は、流動性の低い通貨ペアでも起こります。流動性が低いと、思うような売買ができなくなります。そこで、「仕方が無いから多少安くても売りたい」などと考える人がでてきます。そこでスプレッドが広がりやすくなります。

FXのスプレッドは、基本的には銀行やFX業者のリスクヘッジです。業者の負うリスクが高いと思われる状況では、スプレッドは広がり、リスクが低いと思われる状況では、スプレッドは狭まる状況になります。

FXスプレッド拡大の意味とは?【どのような状況で広がるのか?】

photo09

今回は、FXスプレッドについて、どのような状況で拡大していくのか、なぜ広がるのかその意味についてお話したいと思います。

前回、FXのスプレッドは、広がったり狭まったりするものだということはお話しました。スプレッドが広いということは、FX業者へ支払うコストが多くなるということなので、特に短期トレードをする場合には、スプレッドの広がりは利益の減少に直結します。

そこで、どのような状況でスプレッドが広がりやすくなることを知ることは非常に重要です。

一般に、スプレッドが広がりやすいといわれているのは、下記のような場合です。これらの状況にすべて共通しているのは、何らかの原因で、取引の流動性が低下しているということです。

・重要指標発表時
・月曜の午前中
・外国市場の祝日
・通貨ペアの取引量が多くない場合

重要指標が発表されて市場にインパクトを与えた場合には、売り注文または、買い注文のどちらかに殺到するという状況になります。

株式取引で言えば、ストップ安やストップ高になるような状況です。そのような状況では、反対側の注文が少なく、売りたくても売れない、買いたくても買えない、という流動性が低下した状況になります。

それでは、月曜の午前中のスプレッドが開きやすいのは何故でしょうか?

よく、FXは24時間取引可能といわれますが、日本の東京外国為替市場が開いているのは、朝8:00~夕方6:00までです。その他の時間帯は、世界各国で開いている市場に参加することにより、FX取引が可能になります。

まず、朝はニュージーランドのウェリントン市場が日本時間の朝5:00に開きます。その後、シドニー、東京、香港の順に為替市場が開いていきます。その後、日本時間の夕方4:00からは、ロンドン市場が開きます。また、ニューヨーク市場は日本時間の夜9:00から翌朝の6:00まで開いています。

夏時間や冬時間、仲介しているFX業者により若干ことなりますが、基本的には、月曜の朝から土曜の朝まで、連続してFX取引が可能です。

土曜日の朝から月曜の朝には、日本のFX業者では取引ができませんが、イスラム社会のバーレーン市場は土日もオープンしています。従って、土日に何か材料が出てくると、バーレーン市場での為替レートを基準に、月曜の朝に世界の市場がオープンしていきます。

そこで、土曜の朝の為替レートから離れて、いわゆる窓があいた状態になると、売り、または、買いの1方向に注文が集中しやすくなり、スプレッドが広がる傾向になります。

また、外国市場が祝日の場合にも、市場参加者が減っていますので、流動性が悪くなります。また、もともと通貨ペアの取引量が多くない場合も、流動性が低いので、スプレッドは広がる傾向になります。

FXスプレッド計算比較とは?【0銭は可能か?】

20680

今回は、FXスプレッドについて、スプレッド0銭は可能か、検討してみたいと思います。

1998年に外為法(外国為替及び外国貿易法)が改正されて以来、FX取引を取り扱う業者が急激に増えました。

各業者は顧客を増やすために、他社との厳しい競争に勝たなければなりません。他社より少しでも優れたサービスを提供する過激な競争が激化しています。現在では、店頭FXの取引手数料無料は当たり前で、FXスプレッドが以下に狭いかを競っている業者が多くいます。

一時期、「DMM FX」や「ヒロセ通商」、「セブンインベスターズ」等のFX取り扱い業者数社が、「スプレッド0銭から」と打ち出しました。スプレッド0銭の通貨ペアは、人気の高い米ドル/円で、0~0.6銭あるいは0~1銭などのスプレッド変動型のサービスを提供しました。

スプレッド0銭というサービスは、本当に可能なのでしょうか?

FX業者は、自身の従業員の給料やインターネット取引に必要なサーバーにかかる費用など、多くのコストを捻出しなければなりません。現状、ほとんどの業者で取引手数料は無料ですから、スプレッドが0銭なら顧客がどれだけ頻繁に取引をしても、FX業者は利益を得られないように思えます。

しかし、理屈の上では、何通りかの方法でスプレッド0銭を実現することができると思われます。

まず、FX業者はインターバンクという市場で銀行などと通貨の取引を行っています。各銀行が提示するAsk(FX業者の買値)とBid(FX業者の売値)には当然スプレッドがあります。

例えば、A銀行の米ドル/円の提示レートはAskが82円78銭、Bidが82円80銭というような具合です。しかし、FX業者が提示するAskやBidに違いがあるように、銀行がFX業者に提示するAskやBidにも違いが有ります。仮にB銀行の提示レートがAsk:82円79銭、Bid:82円81銭だったとします。

この場合、FX業者はベストBidとベストAskで取引をする、つまり、A銀行のBid:82円80銭とB銀行の Ask:82円79銭で取引することにより、銀行へ支払うスプレッドを-1銭とすることが可能になります。すると、我々顧客へスプレッド0銭で提供したとしても、利益を得ることができます。

実際には、プロ同士のインターバンク市場で、ベストBidとベストAskが同じになったり、逆転したりする現象はほとんど起きません。前述のスプレッド0銭を宣言したFX業者が実際にスプレッド0銭を提供できた時間帯は非常に少なく、顧客達から不評を買いました。

現在では、「スプレッド0銭から」と謳っている業者はほとんど存在しません。無理なスプレッドを提供する業者は、結局経営が行き詰ることになりますので、自然淘汰されていくことになると考えられます。

FXスプレッド固定の業者比較【固定スプレッドとは?取引どう?】

8051

今回は、FXスプレッドを固定している業者についてお話したいと思います。

FXスプレッドは基本的には変動するものですが、スプレッドを固定して提供している業者もあります。そのような業者では、スプレッドが固定されていることを売りにしている場合が多いようです。

例えば、「外為ジャパン」、「サイバーエージェントFX」、「DMM FX」、「インヴァスト証券」などの業者では、米ドル/円のスプレッドを0.8銭固定としています(2011年6月1日現在)。

スプレッドが固定されていると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

まず、スプレッドがわかっているので、投資戦略がたてやすいということが挙げられます。どの程度為替レートが動けば利益になるかは、スプレッドの幅によって変わってきますので、スプレッド変動型の場合には利益確保の難しさが変わってきます。

さらに、時期によらずスプレッドが同じなので、一般にスプレッドが広がりやすい重大な指標の発表時などにも、スキャルピングなどの短期売買を狙いやすくなります。

しかし、インターバンク取引のスプレッドが変動しますから、基本的にはFX業者が私たち顧客に提供するスプレッドも変動することが自然です。では、スプレッド固定業者は、どのような仕組みで固定を謳っているのでしょうか?

一般には、通貨ペアのスプレッド変動幅の平均値、もしくは平均値より上に固定のスプレッドを設定されていますので、基本的には固定スプレッドでもFX業者側に利益がでる仕組みになっています。

また、複数の銀行と取引を行える体制を築いて、スプレッドの変動時にも最良の条件を提供するところから調達する、という方法で、なるべくスプレッドを狭く提供できるよう工夫している業者が多いようです。

さらに、経費などを企業努力で抑えることにより、スプレッドを狭く提供できるようになります。また、スプレッドを固定してない通貨ペアのスプレッドを変化させることで、ある局面でスプレッドの損が出たとしても、トータルで利益がでるように調整することもできます。

しかし、業者によっては、約定拒否やスリッページを連発して、業者側の有利な取引を優先するところもあるようなので、注意が必要です。

ここで、気をつけないといけないことは、スプレッド固定と謳っている業者でも、スプレッドが変動することがあるということです。

スプレッド固定としている業者のホームページを見ると、多くの業者が「原則固定」とか「標準スプレッド」などの表現を使っています。逆に言うと、「原則から外れた場合には、変動します」ということです。これなら、スプレッド変動としている業者とあまり違いがないようにも見えますが、一般には、90~99%程度以上の割合で、固定スプレッドをきちんと提供している業者が多いようです。

FXスプレッド固定業者と変動業者の比較【勝てるのは?】

photo05

今回は、FXスプレッドを固定して提供している業者と変動して提供している業者を比較してみたいと思います。

FXスプレッドは基本的には変動するものです。FX業者のスプレッドは、インターバンク取引がベースになっていますが、インターバンク取引自体にもスプレッドがあり、変動しています。従って、本来FXのスプレッドは変動するほうが自然です。

では、FXスプレッドを変動して提供している業者と、固定して提供している業者では、どちらを利用するほうが得なのでしょうか?

前回、お話したとおり、2011年6月1日現在で、米ドル/円のスプレッドを固定しているFX業者のうち、最安値は、「外為ジャパン」、「サイバーエージェントFX」、「DMM FX」、「インヴァスト証券」の0.8銭です。

そのうち、期間限定でスプレッド縮小キャンペーンを行っている「DMM FX」は0.7銭固定、「インヴァスト証券」は0.6銭固定とのことです。

一方、スプレッド変動業者では、米ドル/円のスプレッドを「ヒロセ通商」が0.6~0.8銭、「みんなのFX」と「アイディオー証券」が0.6~1銭とWEBサイトで公表しています。スプレッド変動価格の幅を平均してみると、「ヒロセ通商」が0.7銭、「みんなのFX」と「アイディオー証券」が0.8銭になります。

平均値で比較する限り、「ヒロセ通商」のスプレッドが最も安く、スプレッド固定の5業者と「みんなのFX」と「アイディオー証券」が同率2位ということになります。

実際のスプレッドはどうなっているのでしょうか?

各社のWEBサイト上で公表しているリアルタイムの米ドル/円のスプレッドの状況を観察してみました。観察は一般にスプレッドが安定しているといわれている日本時間の夜間に行いました。

スプレッド固定の5業者のうち、「インヴァスト証券」以外は、会員のログインをしなくても、スプレッドの状況を確認することができます。「外為ジャパン」、「サイバーエージェントFX」、では、宣言どおりの0.8銭のスプレッドでした。キャンペーンを行っている「DMM FX」も確かに0.7銭のスプレッドで変化はありませんでした。

スプレッド変動業者のうち、「アイディオー証券」はログインしないとスプレッドのリアルタイム状況はわかりませんでした。一晩中見ていたわけではありませんが、観察していた範囲内では、「ヒロセ通商」の米ドル/円スプレッドは0.7銭で変わらず、「みんなのFX」は0.6~0.8銭の間で変動していました。

こうしてみると、スプレッド変動業者である「みんなのFX」,「ヒロセ通商」と期間限定キャンペーン中の「DMM FX」が0.7銭程度ということで同率1位ということになりました。

基本的には、スプレッド固定業者は、リスクを回避するために、平均的に達成可能なスプレッドより若干高く固定スプレッドを設定しますので、スプレッドが安定している状況下では、スプレッド変動業者のほうがスプレッドの幅が狭いという傾向にあるようです。

FXスプレッドの意味まとめ

699
いかがでしたか?

スプレッドとはどういう意味か、どういった計算の仕方とするのか、またなぜ拡大するのか等の疑問を明らかにしてきました。

業者による違いなどもご紹介しましたので、自分に合う業者をさがして勝てるFXをがんばってほしいと思います!

shisanrank1
top22top3333
osusumeyjfx
arrow
buttonyjfx※キャンペーン内容は変更することがありますので詳しくは公式HPでご確認するようお願い致します。

cam1 shisanrank1 24 buttonyjfx ※キャンペーン内容は変更することがありますので詳しくは公式HPでご確認するようお願い致します。
資産運用おすすめ比較!初心者が賢く投資するなら?【株・FX】 > FX > FX初心者向け講座 > FXスプレッドとは何?意味と計算の仕方を解読!【初心者必見】

関連記事

  1. FX投資にシステムトレードを利用するメリットは?
  2. FXやり方まとめ!初心者も失敗しない!【口座開設おすすめ】
  3. FXの通貨ペアとは?【特徴と選び方を徹底解読!】
  4. FXチャートのサポートラインとは?
  5. FXでスワップ狙いに適した通貨及び注意点
  6. 信託保全があるFX業者を選ぶメリットは?
  7. FX取引業者選びのポイントは?【最低限抑えるべきポイント3つ】
  8. FXの取扱時間は?【月曜平日土日深夜もできるの?】
  9. FX取引において1日の中で値動きの激しい時間帯と理由は?
  10. FXでのクロス円とは?テクニカルチャート【取引難しい?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)